とりとめのない事を書いておりますが、お付き合いください。はじめて見る方も何かコメントを残していただけるとうれしいです。


by neekanamin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

世の人忘るな・・・


♪ 夜空にひとつ 光ともり 

  牧人たちの 道を照らす ☆ミ

  あの星を追って はるか遠く

  想うは 窓辺のともしび・・・



我が劇団昴 最期の『クリスマス・キャロル』を観てきました。

今年で最期ということもあってか、客席は満員。
一番空いている日にちの今日でも、補助席も満杯でした。

最初は観れないな・・と思っていたのですが、何とか補助席が空いて、観劇することができました。


実は私、この5次キャロルの2年目の時、稽古のみの音響を担当していました。
へたくそな音響でいっぱい失敗していたのにも拘らず、役者や演出の先輩方にはあたたかくしていただき本当に感謝しています。

芝居を観ている間にも、

「あっ、このきっかけでこの音が出るんだった。」

とか、懐かしさがこみ上げてきます。


私の一番好きなシーンは

第一幕のワルツのシーン

私の中で、ダンスを見るのではなく、ここはスクルージを見ているのがポイントなんです!!
心の奥底に隠していたベルへの思いが込みあげてくる・・・。

金尾さん、すごいです。
ここのシーンはかなりキます(;_;)



それと、前まではそんなこと思わなかったのですが、今年のキャロルで初めて感動したのは、

灯台守のシーン
安全を守る為にクリスマスを一人寂しく灯台で過ごす男が、遠く家族を思い歌うシーン。
時間にして、約3分位しかないんですよっ!!
そんなところで泣かされるとは思いませんでした。
仲野さん、やられました・・・。


今年のクリスマス・キャロルは絶対にみる価値アリです。
自分の劇団をあまり誉めることってないし、あまり好きでもないんですが(あ、誉めるのがってことです)、今年のはホッントに良いです!!!!!!!!!

チケットもう取れないかも知れないけど、おススメします。
観て下さい。
[PR]
by neekanamin | 2005-12-20 23:49 | kanamer, kanamenet