とりとめのない事を書いておりますが、お付き合いください。はじめて見る方も何かコメントを残していただけるとうれしいです。


by neekanamin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タダより高いものは無い

最寄駅の近くに、とある飲み屋があり、
そこのラーメンは比較的他の周りのラーメン屋よりは美味しいと思って、贔屓にしていた。



そこでは、どういう基準だか知らないが、ラーメンを一杯(1つってことね)食べると、

たま~に“と○玉一個無料サービス券”というのをくれる。


その“と○玉”というのは、玉子のことなんだけど、
普通のゆで玉子とかではなく、
黄身がトロトロ半熟の醤油タレで漬け込んだ実に旨い玉子のことである。

普通に食べる時は、
ラーメンを頼んでもただのゆで玉子しか入っていないので、
と○玉ラーメンと言うのを頼まなくてはいけない。



初めて食べに行った時に帰りに一枚くれたので、

なんていいお店なんだと思い、


そのお店にまた行って、ラーメンを頼み、サービス券を出した。


ホントに美味しい玉子だったし、ラーメンもそこそこ美味しかった。



しかし、その時は来た・・・・




また、券をもらったので、その日はそのサービス券を出して、ラーメンが来るのを待っていた。



  従女 「はい、お待たせしました~。」









  私 「・・・・・・・・・・・・・・・・。」











ラーメンに乗っていたのは、


















ただのゆで玉子だった・・・・・









初めは従業員さんが、券の存在を忘れて、普通のラーメンを頼んだのと勘違いしているのかと思った。



しかし、それは違う。





だって、ゆで玉子が普通のラーメンの入っていたから・・・・。







と○玉子が無かったんだよって?








だったら、そう言えばいいじゃん








なんか、


タダで食べてるんだから、何でもいいでしょ、どーせ分かんないわよ



的な商売の仕方はどうかと思う。



それは、商売人として、あるまじき行為では?



そういう、商売のやり方は好きにはなれない。



これに腹をたてた私は、この店には二度と行くことは無い・・



っていうか、絶対行かねぇ・・・・





と、心に誓った・・・・。
[PR]
by neekanamin | 2006-05-26 00:12 | うまいもの広場