とりとめのない事を書いておりますが、お付き合いください。はじめて見る方も何かコメントを残していただけるとうれしいです。


by neekanamin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

名前を呼ばれた事がありますか?


 
他人が、自分の名前で呼ばれているというのは不思議なものである。
                      (そんなこと無い?まあそう言わずに )


そんな不思議な経験をした。



先日、IQ5000の 『まどろみ戦士~最後の旅立ち~』 という芝居を観てきた。
内容はさて置き(置くなよっ)、
その主人公の名前が偶然にも『カナミ』といった。
勿論、私のことではない。
自分の名前が芝居中に出てくるのもこそばゆい。
しかも大勢の人に「そんなに必要?」ってなくらい連呼されたりする・・・。
極めつけに、私の席は最前列。
目の前で主人公の名前を呼ばれる度に、私はこそばゆい、同時に不思議な感情があった。
そんなんだから主人公に感情移入するどころか、気が散ってしょうがない。
芝居の内容に集中するように努めて、やっと違和感無く楽しめたが、改めて考えてみると、不思議な面白い事だった。



この世の中にはたくさんの人がいる。自分と同じ名前の人が存在しても当たり前のことである。


が、自分で言うのも何だが、私の名前は結構珍しい方だと思っていた。

「カナ」とか、「カナコ」とかは聞いた事があるが、それに「ミ」がつくのはあまり聞いた事がなかった。
この芝居の脚本家がどうして「カナミ」という名前に決めたのか、その発想の流れも面白いが、それはまた置いといて、

今まで、「カナミ」と呼ばれる人は自分の身近に自分以外 誰もいなかった。
だから、他の人が「カナミ」と呼ばれていることに違和感
を感じた。
他者が、自分と同じ名前を持っていることに慣れていないだけなのか。
芝居という空間のなかに自分の名前が出てきた事も無いし。


産まれてからまず一番初めに自分だけのものになる、形の無いもの。
それは今までずっと私だけのものだと思っていた。

という、私の思い過しな話。
[PR]
by neekanamin | 2008-04-13 22:36 | できごとにっき