とりとめのない事を書いておりますが、お付き合いください。はじめて見る方も何かコメントを残していただけるとうれしいです。


by neekanamin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:できごとにっき( 169 )

コワイ話

ahiruの記事肩が重い・・・を読んで。

私は、コワイ話を聞いているとき、無性に自分のが気になります。
特にテーブルに座って聞いている時などは、自分の足が見えないから非常に不安です。


なんかねぇ・・・床から手が伸びてきて足を捉まれたらどうしよう・・・とか、考えてしまうのですよ。




あ、今、バカにしたでしょっ!



だけど、よく考えて!!

もしかしたら・・・本当に・・・真っ青な手が・・・アナタの足に・・・・



コワイでしょ?
[PR]
by neekanamin | 2006-07-29 12:25 | できごとにっき

病は気から

今日も、劇場にて制作補佐の仕事です。


いきなり話は変わって
先日、劇団の先輩の茂在さんと“親知らず”について語り合っていたところ、



その数時間後に、



私の親知らずが自己主張!!してきました・・・。



やっぱり、親知らずの話で変に意識してしまって、歯が自分の意思を持ち、勝手に伸びてきたというのが私の見解です。




上の両2本はもう抜いてしまっているのですが、下の2本はポッコリ顔を出したままになっているのです。
一時期は痛かったんですが、そのままにしていたらば、痛みが消えたのですっかり忘れてました。

以前、片品村の公演の時、急に2日前位から痛み出して、歯医者に行くわけにも行かず、市販の鎮痛剤を服用し騙し騙し乗り切ったのですが、

その時からだから・・もう、約一年ほったらかし・・・。




さて、

「俺を抜けっ!!」とばかりに自己主張し始めた親知らず君ですが・・・、



ウワサによると、



下の歯は抜くのが大変らしい・・・



上の歯よりも、抜きにくく、しかも痛みが倍以上らしいです・・・





いたいのはやだよぅ・・・(;_;) 




しかも、抜いた後は一日安静にしていないと熱が出たりするそうです・・・。



こわい・・・けど、そろそろなんとかせな・・・。
[PR]
by neekanamin | 2006-06-29 19:18 | できごとにっき

制作補佐のお仕事です

今日も昨日も制作補佐のお仕事でした。

特にハプニングもなく無事に開演し、そして終了しました。
昨日は舞台説明会で、今日はポストトークショーの日。

舞台説明会とは、終演後にスタッフ達が芝居の裏や小道具などの説明をし、実際にお客さまに小道具を触っていただいて、こんなものを使っているんだと、より芝居を理解しスキになっていただくために開いているものです。

ポストトークショーとは、終演後に出演者と演出家が出てきて舞台の上で自分の役柄についてや、大変だったことなどのエピソードを話し、お客さまからの質問などに答えるものです。



劇団昴では公演中このような企画を行っている回があるので、皆さんもご来場の際はこの日を狙って来られると楽しいかも知れません!!


さてさて、今日も三百人劇場からお届けしておりますが、ただいま上演のまっ最中でございます。
今日も弥生さんは頑張っております。そして皆も頑張っております。


皆様、どうぞご来場くださいm(_ _)m
[PR]
by neekanamin | 2006-06-25 14:27 | できごとにっき

初日で初仕事

今日は昴本公演「億萬長者夫人」の初日でした。


それとともに、係の仕事の初仕事でもございました。


私の仕事は制作の補佐で、ロビーにてお客様に折り込みやアンケートを配ったりするものです。
劇場にいらした方、もしかしたら私がいるかも知れません!!(かと言って、何か得があるわけでもない・・・。)


しかし、今日は暑かった…、劇場のシート掃除している時、汗が滝のように流れてきてベタベタになりましたよ(-_-;
これから、もっと汗臭くなる時期がきますね、

もといっ、

暑くなる時期がきますねぇ・・・・。(ふうっ)




帰り際、新準劇のTちゃんに、


「大石さんのブログたまに見てます!」   と言われ、




みっ、耳が痛い・・・。(>_<;)




毎日楽しく見ていただけるよう、頑張って更新しますm(_ _)m



さあ!
ってなわけで、新しい意気込みでこれからやっていきたい・・(と思います)
[PR]
by neekanamin | 2006-06-20 01:07 | できごとにっき

どーでもいいですよ





牛丼と牛めしの違いがわからない…。
[PR]
by neekanamin | 2006-06-13 18:24 | できごとにっき

悪夢

久々に、朝起きて、



夢でよかった・・・



と、思いました。



なんか、処刑される夢だったんですけど、



数十人くらい横一列に並んで、大きな竹垣みたいなものに挟まれて動けないようにされて、毒ガスを吸わされるんだけど、それでも、私は死なないんです。でもすっごく苦しくて、頭が朦朧としている。


      ここで、よく考えると、何で毒ガスで殺すのに竹垣が出てくるのかはナゾ・・。
      すごく逆効果だよね、隙間が・・・。



他の人たちは殆ど死んでいるみたいなんだけど、一人一人死んだかどうか調べられる。


      でも、その毒ガスの噴射時間がものの数秒なんで、それじゃ普通死なないよね。



私が生きていることが判明し、今度は槍みたいなのでついて殺そうとするんだけど、これが全然検討ハズレなところに刺すから、痛いけど全然死なない。

      (`д´;)ちゃんと急所突けよっっー!!!!



この間、声を出そうとするんだけど、さっきの毒ガスのせいなのか、のどが腫れていて声が出ない・・。




んで、グサグサやられているところで目が覚めたんですけど、いやはや・・・。


なんとも、気持ちの悪い夢でした。


でも、なんか、少しだけ虐殺されたユダヤ人の気持ちが解るような気がしたり・・・。
何ヶ月も隠れて生活をして、それでも見つかって収容所に送られ、強制労働させられてからガス室だから、私よりも何十倍も苦しいけど・・。






どうして、殺されなければならなかったんだろう・・・彼等も、私も。





こういう夢は分析するとどうなんだろうね・・・誰か知っていたらおせーてください。





ってなことで、ちょっと、精神を病んでいるのかもしれないです。


ヤレヤレ・・(´д`)=3
[PR]
by neekanamin | 2006-05-28 09:40 | できごとにっき

久々ROOK

今日は、ASKMのAと一緒に、知り合いのライブに行ってきました。

実は、前の日にAと夜ごはん食べに行くヤクソクしてたんですけど、私がキャンセルしちまったんです。


だって、台風がコワかったんですもの・・・(;_;)


コワイもんは、しょーがねーじゃねーかっ!!


ってことで、今日はライヴの時間より少し早めに会って、先にごはんを食べることにしました。

さかな・魚・サカナ~♪
ってことで、お魚をtべさせてくれる居酒屋っぽいところへ。エセベジタリアンだからね・・・。

これが、意外とボリュームがあってですね、我等はすごっくお腹いっぱいになってしまったんですよ。かるーく眠気が襲ってきたりしてね。


そんなこんなでライヴに行ったわけですが、



行ってみたらば、もう既に前のバンドが始まっていたんですけれども、やっぱ、あんまり人はいなかったんですけどね、さてコレからがお目当てのバンドだ!と言う時になって、結構人が入ってきたんですよ。

やっぱり、客入りは気になりますよね~。

で、聞いていたら、結構いい曲ばかりで、実はあんまり期待もせずに(spoonfulの皆さんゴメンナサイ・・)行ったんですけど、

イヤイヤ、なかなか良かったですよ(`д´;)



なにげに、帰りにCDもらってきちゃったりして・・。


ライヴってバンドによってアタリ・ハズレがあるけど、やっぽ聴いてみなきゃ分からないってことなのかしら・・。
[PR]
by neekanamin | 2006-05-21 23:58 | できごとにっき

観賞用お兄さん

「恋する○ニ○ミ」という番組をちらっと見ていたときのこと。



我等が福山雅治兄さん様が出ていました。

前後は全然見ていないので殆ど想像ではありますが、



こういう設定の時はなんて言う?みたいな台詞を求められた時のこと、


~設定~ (ここは想像です)
  ・デートしていて、間が持たなくなってきた時



  (ここから本当)


MC女  「どうしよう?て聞かれたら、どうしよう・・?て返しちゃいますよ。」




との答えに、







福山兄  「じゃ、もうちょっと一緒にいようか。」







     って・・・、










o(>_<)/ ハイっ、 ストラーーーィクっ!!!!




兄さん、 そりゃヤバイっすよ・・・・・。


メロメロですよ、あたしゃ。


どーしてくれるんだ!!!!  もう、こんなだよっ!→(@。@)~*
[PR]
by neekanamin | 2006-05-19 23:17 | できごとにっき
今日は妹さんとお食事に行きました。

場所は新宿。
前から行きたかったお店です。

妹は大の沖縄好きで、ホテルの近くにある沖縄料理屋さんに行きたいと言ったのですが、姉の権限であっさり却下。

だって、沖縄料理って、やけに豚肉が多いんだもん!!


行ったのは、大好きなイタリアンのRegaloというお店。

17時開店なので、前にお昼に来た時はやってなくて涙を飲んで帰ってきたのですが、今日はちゃんと開いている時間に、しかも、満席だと困るので予約をいれて準備は万全。

ところが、通されたのは普通の2人用の席・・・。
周りは比較的空いている。


これ、予約しなくても入れるんじゃ・・・と思いつつも・・・早速、オダー!!


私は白ワインを、妹さんはチャイナブルーのカクテルを注文。

この姉妹、揃って酒が弱いんです。


まあ、軽くお酒も入りながら、いろいろな談笑をしつつ過ごしたわけですが、

団体のお客さんが周りに多かったのか、少しウルサくて、もちょっと静かなお店を想像していたので、そこがちょっと残念でした。



その後、妹さんが行きたいと言っていたホテル近くの沖縄料理屋ちゃんぷる亭なんくるないさにもいってきたとです。


海ぶどうってオイシー☆
ソーキそばを食べたのは修学旅行以来8,9年振りなんですが、やっぱ美味しいですね。
でも、前に食べた時の方が美味しかったような・・・。


ただね、コレは妹にも言ったのですが、

私の中で、

沖縄料理って、

大雑把な感じがするんです。

作り方といい、味といい。

切ったぁ、炒めたぁー!  とか、  捏ねたぁ、揚げたぁー!!  とか・・。

繊細ではないですよね・・・。

そこが、あまりスキになれない理由だす。
(あと、忘れてはなら無い、肉が入っていることが多いのもね。)

沖縄に行くのは大好きなのです。とてもいいところ!絶対また行きたい!!!

でも、食べ物はあんまり合わない・・・。


コレはNYと一緒だと思う。

NYは大好き!!
絶対また行きたい!!
っていうか行ってやる!!!

でも、食べ物が合わない・・・(;_;)


そんなことはさて置き、海ぶどうとソーキそばを注文し、2人で食べました。
島とうがらしって、初めてつかってみたんですけど、アレは、泡盛に唐辛子を漬けてあるのかしら?

すっごく辛いって言われていたのだけれど・・・思っていたほどでもなく・・こんなもんか?
でも、ものによって違うのかもしれないですね。

シメにウベアイスを食べて機嫌が良くなり、その後、通り道のカレー屋さんのようなところでタピオカの飲物を購入し、そして妹をホテルまで送って帰ってきたのでした。

前にも書いたように、妹は美容師の卵なのですが、千駄ヶ谷のお店で実地研修だったようです。

やっぱり、同じ人間でも、こちらの人と、福島の人では色々違うようですが、そんなことも負けずに彼女なりにナントカやっているようでした。4日間の研修を終え、明日帰るそうです。


こんど会う時は、福島かな?

あのビービー泣いていた子が、今はしっかり社会に出ております。


時の経つのは早いものです・・・。
[PR]
by neekanamin | 2006-05-19 21:36 | できごとにっき

福島ついて

黒えびすさんのご当地チェックに触発されて、私も、出身地 福島(ふぐすま)のご当地チェックしたいと思います。


では、かなり長いんですけど、暇な人は読んで下さい。


●  うつくしま福島のキャッチフレーズには、苦笑してしまう。
● すてきなキャッチだと思いますけど?
●  会津磐梯山は宝の山である。
● そうだ。
● 戊辰戦争をいまだに根に持っている。白虎隊の恨みは忘れない。
● いや、別に・・・。
● 先の戦争と言えばもちろん戊辰戦争のことである。
● そんなんでもないっスよ。
● 戊辰戦争で、薩摩はなんとか赦せても長州には未だに殺意に近いものを抱いている。
● だから、そんなんでもないっスよ。
● 新撰組は会津藩の軍だと思っている。
● ある意味ね。
● 冷やし中華にマヨネーズを入れて食べる。
● え?みんなやってるじゃん!!
● 衆議院副議長渡部恒三の訛りのひどさはかなり恥ずかしい。
● やっべ、知らねえ・・。
● 東邦銀行に口座を持っている。
● 懐かしい響き・・・あるねー、ローカル銀行。私は持ってないけど。
● 電撃倉庫のCMは、好きだが、店はそれほど好きではない。
● え!福島にしかないの?!
● かあちゃんは、冬になるとイカニンジンを作る。
● 作る、作る。特に正月とか。
● ぶんず色ということばひとつで、浜通りから会津まで団結できるのが福島県人の良いところでもある。
● 「ぶんず色」自体知らない。
● 「ずねーばっこ」の意味がわかる。
● 知らん。
● スーパーといえば、ヨークベニマルだ。
● もちろんです。
● 智恵子が言うように、「福島には本当の空がある」と思う。
● はい。そして、檸檬をガリリとかじるのです。
● 修学旅行のおみやげで白虎隊の木刀を買ったことがある。
● 買ってる友達を見たことがある。
● どちらかというと関東に属すると思っているが、東北だと認めてもらえないのも腹が立つ。
● 言われる、言われる。青森の人に「福島は東北じゃない」って言われたわ!!
● 少年ジャンプで漫画家の鈴木央が福島のことを広めてくれるのは嬉しいが、福島にはそんな変なやつはいないと思っている。
● 誰?
● 知りあいとどちらが東京に近いかで、争いになったことがある。
● 同じ福島県民とは無いけど、宮城県民よりはステイタスを感じる。
● 食べたいのことを、「食べっちー」、行きたいのことを、「行きっちー」と言う。
● あー、言うね。
● 「みちづくり」は正直下手だと思う。
● 考えたことも無かった。でも、天皇が来た時だけ美しく整備して、その後はほったらかしで雑草伸び放題ってどういうこと?
● 全国ネットのTVなどで、「岩手めんこいテレビ」のテロップをみると、「めんこいは福島の言葉だっぺ!」と反発してしまう。
● 共通語ですかね。
●  中合のにある無印良品は東北でもトップクラスの大きさを誇る事実に驚いた。
● そうなんだ(`゜;)。4号線沿いのデニーズが日本最北と聞いた時も驚いたけど。
● 「しゃくなげ匂う山なみに~♪」の福島県 県民の歌は、もちろん歌える。
● 歌えないし、曲聞いたことも無いのに、歌詞だけは知っている。
● 東北の湘南のシンボルでもあるはずのシュロの木に、ムシロが巻かれる季節になると、いわき市も東北であるとしぶしぶ認めざるを得ない。
● 私は中通りなんで。
● ビールといえば「みちのく福島路ビール」だ。
● 一番搾りだと思います。
● ドラマの田舎設定で福島県が使われことがあるが「あんなになまっていないよ!」と突っ込みを入れるが、完全に否定できない自分もいる。
● 特に「渡る世○は○ばかり」の時とかね。
● 温泉たまごのことを他県人に「ラジウム玉子」と言ってしまい通じなくて困ったことがある。
● 本当に通じないんだよねぇ・・・。
● 福島民報、民友を購読している。
● ご家庭によってどっちかに分かれるんだよね。
● 会津ではソフトクリームの相場は50円だと思っている。
● Σ(`д´) そりゃ、安すぎるだろ!!
● 野口英世のお母さんの名前が「野口シカ」であることは常識として、ついでに姉さんが「野口イヌ」であることも知っている。
● 常識です。
● 涙なくして「いとしき日々」を聴くことはできない。
● 自動的に白虎隊のシーンが浮かんでくるからね(;_;)
● じゃんがら念仏おどりが聞こえてくると、DNAが騒いでしまう。
● 何処のおどり?
● 会津では運動会で子供が白虎隊を踊り、保護者は会津磐梯山を踊る。
● へ~。
● 相馬では運動会で相馬盆踊りを踊り、騎馬戦は野馬追い並に行列もする。
● へ~。
● 吾妻山の雪がウサギの形に残ったら、田植えの準備をするのが常識だ。
● 種まきもね。
● むかしラジオ福島の「わが町万歳!」でやっていた、「お~らのずまんのふ~ぐ~すまにゃ はなれらんにい味がある」という歌をたまに口ずさんでしまう。
● 全然。
● お土産といえば、ままどーる、エキソンパイ、太陽堂の麦せんべいである。
● 「ゆべし」もです!
● キビタンの奥さんはキビママである。
● 確か、妹もいたはず・・・。
● 会津では海水浴は太平洋より日本海を好む。
● 中通りの人間は、「人それぞれじゃない?」と思ってしまう。
● 平駅がいわき駅に改称されたとき、何とも言えない寂しさを感じてしまった。
● そうですか。
● その太陽堂のむぎせんべいと聞くと、「欽ドン」の良い子悪い子普通の子の「オっくん」を思い出す。
● 懐かしいー!!今どうしているの、オっくん?!
● 「まま・まま・ままどおる~、ミルクたっぷりママのあじ~」のままどーるでは、チョコが好きだ。
● なぜか子供の頃は嫌いなお菓子だったが、今は大好き。上野駅にも売っていて、ショックと喜びを同時に感じた。
● 塩屋崎灯台の美空ひばり記念碑に近づくと、突然、ひばりの「みだれ髪」が流れてきて度肝を抜かされた経験がある。
● 知らないうちに流れているからね。
● 祝ごとに小づゆは欠かせない。
● つーか、給食でしか食べたことないんですけど。でも、ウマイ。
● 天気が会津、中通り、浜通りと3種類あり、いずれもすごく差があるので面倒だ。
● たいした差はなさそうで有る。
● しかし、頭の中は未だに旧藩名で区分している。
● 白川藩くらいしか出てこないよ。
● 酒の飲みすぎには、なにをさておき「カンニャボ」だ。
● それは何?
● 徳川家康が伊達政宗を福島(伊達郡)から仙台に転封されたのが残念だ。
● そうだったのかっ!!!!!!
● テレビ番組が、成り立ったためしがない。
● 「街角からこんにちは」とかあったねぇ。
● 相馬市はいわきに観測地のある浜通りの天気予報より、仙台の予報を見る。
● そうなの?
● 逆接の接続詞は「んだけんじょも」である。
● 「んだげんちょも」の方がカワイイと思う。
● 東京に行くまで自分が標準語を話していると思っていた。
● 全くもってその通り!!自覚が無いから直すの大変。
● 家電量販店のコジマとヤマダが激しいバトルを繰り広げているのは周知の事実だが、スーパーのマルトとフジコシの闘いも熾烈だと思う。
● 最近コジマは風前の灯火。
● 志村けんのギャグである「だいじょぶだ~」は福島の方言だということを知っている。
● 知らなかった。その後の、うえっうわっうおっ、も方言なのかな・・・。
● 巨人ファンと言うより中畑清のファンだ。
● 古田敦也のファンだ。
● 『りかちゃんキャッスル』を人に説明する時に必ず『山田邦子が来たんだよ!』と言う。
● ってか、来たんだ。
● その『りかちゃんキャッスル』は、遠目に見ると紫のお城はまるでラブホだ。
● 近づくにつれてなぜかテンション高くなるよね。
● 二本松市に「青年海外協力隊」の訓練所があるが、同じような施設が各県に1つはあるものだと思っている。
● へー、あったんだ。
● 午前中の東北新幹線上りは宮城からくる競馬新聞片手のおやじでいっぱいだ。
● そんなところからもわざわざ・・・。
● 伊東美咲が大好きだ。
● とりわけ好きではない。
● いわき市が全国で1番大きい市でなくなった時に、なんとかその座を取り返せないものかと本気で考えた。
● 好きにして。
● 夏休みは8月31日まであったためしがない。
● これは切実な問題だと思う。(もう関係ないけど・・・。)
● いか人参が福島ローカルな食べ物だと知り、唖然とした。
● えーそんなことないでしょう。知ってるよ、皆。
● 郡山駅の東口はもうすこしなんとかしてほしい。
● 行ったこと無い。
● なぜ郡山駅には1番ホームがないのかが疑問だ。
● なんで無いの?
● 紅白まんじゅうは、天ぷらにするために存在していると思っている。
● 他の地域はお饅頭を天ぷらにしないのかしら?
● 会津若松市民にとって「持参するおみやげ」が「とらやの水ようかん」であることはひとつのステータスだ
● 会津若松の人たちはそんなことでステイタスを感じるのね、オホホホホ。
● 会津人は社会科見学で海を目にするまで、猪苗代湖よりも海が大きいはずがないと信じきっているらしい。
● どんな思い込みだよ。
● 山梨県とは果物生産のライバル同士である(と、思っている)。
● 何においても生産量が1位になれないのよね。
● ヤクルトの工場があるおかげで、あづま球場でヤクルト戦が行われるのが嬉しい。
● はい。 行ったこと無いけど。
● 白河・喜多方ラーメンがいまいち有名にならないのは妙に納得できる。
● 喜多方ラーメンは置いといて、白河ラーメンて、最近までその存在に気づかなかったしね。
● 40歳過ぎの暴走族がつかまったと聞いて、いわきの国道六号じゃぁしょうがねえなとおもった。
● そりゃ、しょうがねな。
● 子どもの頃、よく野口英世と円谷幸吉の話を聞かされたものだ。
● 円谷さんの話は聞かされなかったし、野口英世は独学だし・・・。
● 小室哲哉の祖父の出身地、福島県西白河郡中島村に「からくり時計」を寄贈し、小室が楽曲を提供。式典にも出席し たが 時計が『ヨカッペ時計』とネーミングされたことは少し気の毒だ。
● もっとなんかねーのかよ・・・。
● 「安い中古車販売と言えば~?」でおなじみのサンキョウ自動車。CMに出てくる司会者が日本人なのか外国人なのか未だにわからない。
● 「サ、サンキョウ!あ・・。」
● ウイリアム・ファン・ドールンを知らない日本人がいるなんて信じられない。
● まず、ここに一人いますよ。
● 二本松の菊人形は日本三大菊人形といわれているが、他の2つは知らない。
● 子供心に結構感動があるんだよね。
● 夏の楽しみは猪苗代湖の湖水浴だ。
● スイカを冷やしてバーベキューしてね。
● 会津若松市はセブンイレブンのモデル都市だったのが自慢。
● 会津若松の人たちはそんなことを自慢にかんじるのね、オホホホホ。
● 家に木刀がある。
● ある(..)
● こないだまで、すべての頭のいい高校は男子校と女子校に分かれていると思っていた。
● 合併の波に呑まれてしまったわけですよ。
● 牛乳といえば酪王牛乳。
● 福ちゃん牛乳ね。MEGUミルクとかじゃないんですよ!
● 語尾の「~だばい」と「~だべした」のどちらを使うかによって、その人が何処の地区の出身なのか想像が付く。
● そうそう、判る判る。
● 友人と地元に電車が通っているか・いないかでよく言い争う。
● 上京してから、高校の時に使っていた電車の駅と次の駅の間に新しい駅が出来たが、未だに意味が無いのではないかと思う程近い。
● 自動改札を通る時は緊張する。
● 自動改札は新幹線しかありません。
● 常磐西線は落ち葉で脱線したことがあることを知っている。
● すごいね、福島県って。
● ダッシュ村が福島県にあることがうれしい。
● どういう経緯で知ったのかは不明だが、そして、何処にあるかもわからないが・・うれしい。
● そのDASH村のアヒル村長が実は入れ替わっていることを知っている。
● 阿武隈川を流れてきたことも知っている。
● テレビ東京という局があるのを知らなかった。ポケモンはフジテレビ系列のアニメだと思っていた。
● 当然、MXテレビなんて知るはずも無い。
● 野菜は買うものではなく、隣近所と交換し合うもの。
● そして、りんご狩りは通学路で出来るもの。
● 電車は1時間に1本が当たり前。
● 乗り遅れたら、自転車で行っても余裕で間に合う。
● 映画「喜びも悲しみも幾歳月」を観て、涙したことがある。
● ????
● 「うるかす」という物言いが方言だとは知らなかった。
● 東京では通じなかったからビックリしたね。
● 郡山を「東北のウィーン」と呼ぶには、いささか無理があると思う。
● かなり無理があると思う。
● いわきを「東北の湘南」と呼ぶのも無理がある。
● これまた、かなり無理があると思う。
● 常磐線の普通電車内は、なにをしても許される無法地帯である。
● 阿武隈急行も無法地帯。よく朝食とってました。
● 常磐自動車道が、仙台と繋がる頃まで、自分は生きているかな~と、考えたことがある。
● 生きてない。
● 福島市は仙台、郡山市は東京(関東)に属していると思っている。
● 福島市が県庁所在地なのに、なぜか郡山の方が栄えている。
● 県民以外、開催されているという事実すら知られていない「うつくしま未来博」には呆れを通り越して怒りすら覚える。
● そんなのあったんだ・・・。
● 特別な日には「メヒコ」のカニピラフを食べる。「メヒコ」のフラミンゴ館を贔屓にしている。
● なぜ福島でフラミンゴなのか不明である。
● うえんでと牛乳屋を食べ比べたことがある。
● どっちも知らないけど、何者?
● コラッセふくしまと、ビックパレットふくしまを区別できずに、よく間違えてしまう。
● 何をするところかもイマイチよく分からない。
● 可愛いものを見ると、反射的に「めんこい」と口走ってしまう。
● そこまでほのぼのしてなかったな。
● 常陽信金からもらったマッチを愛用している。
● 福島市にはないんじゃない?
● 本物のずんだ餅は枝豆に砂糖ではなく塩をまぜて作るものだ。
● 佐藤年男(砂糖と塩)
● 東北大学に受かったのに、就職を考えて東北学院大学に入学した知りあいがいる。
● ビミョウに響きがね。
● 営業はまず、競馬の話をしてからじゃないとビジネスが成り立たない。
● だって、福島市一番の収入源だからね。
● 磐越西線の押しボタン式ドアの開閉で音が出るようになったのは、同級生がドアに挟まってからだ。
● もっと後の様な気がする。
● 喜多方ラーメンの各店の味の違いが分かる。
● 分からない。
● 首都機能移転にかすかな期待を寄せているが、半ば諦めてもいる。
● もしかして?・・・いや、ないよね。という感じ。
● スパリゾート・ハワイアンズに名前を変えたからといって、常磐ハワイアンセンターとの違いが分からない。
● 何が変わったのか箇条書きにして提出してほしい。
● 飯盛山の白虎隊の墓に墓参したことがある。
● 遠足で行くんだよ。
● しかし、実はすぐ隣の「さざえ堂」に入ったことがない。
● 武家屋敷の方が人気なんだよ。
● 春も喜多方、夏も喜多方、秋も喜多方、冬も喜多方を読まずについつい歌ってしまう。
● そして、最後に女の子の鼻がヒクヒクするのが気になってしょうがない。
● スパリゾート・ハワイアンズもいいけど、ばんこうパラダイスも忘れがたい。
● どこじゃ、それは・・・。
● 佐藤栄作と野口英世と高村光太郎と西田敏行は尊敬しているが、佐藤B作はそれほどでもない。
● 確かに、それほどでもない。
● 会津藩は官軍である。
● 何処までも白虎隊に結びつけたいのね・・・。
[PR]
by neekanamin | 2006-05-13 22:16 | できごとにっき