とりとめのない事を書いておりますが、お付き合いください。はじめて見る方も何かコメントを残していただけるとうれしいです。


by neekanamin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:kanamer, kanamenet( 38 )

断髪式を終えて

髪をば、きりました。

結構切りましたので、イメージが変わったとおもいます。


そしてよく言われるのが、


「モダンガールみたいだね・・。」




えっ!昭和初期?



大正から昭和へ・・・

段々と現代に近づいていっております。



丸坊主にでもなったら、平成になれるでしょうか・・・・。
[PR]
by neekanamin | 2006-10-21 18:03 | kanamer, kanamenet

~before~

c0063772_1421417.jpg

今日で見納め。
[PR]
by neekanamin | 2006-10-15 01:42 | kanamer, kanamenet

ヨムヨム

本日は台本が出来てから二日目の本読みでした。


今回の作品は3部作のオムニバスなので、他の芝居の稽古が無い時は自主錬になります。


昨日は、全体で3本とも読みましたが、



私の出演は第一話目



幕開けのしょっぱなを飾りますので、責任重大です・・・。



そして、今日は全員で少しエクササイズをした後、我々第一話の読み稽古に入りました。



とにかく、自分とは結構離れている役なので(いろんな意味で)、



これからどれだけ役を掘り下げられるでしょうか・・・・。




皆さん、  平成18年 11月 19、20日 (時間はまだ未定)


三百人劇場での最後のWS公演

ニール・サイモン作
『プラザ・スイート』

第一話 ~ママロネックの客~

第二話 ~ハリウッドの客~

第三話 ~フォレスト・ヒルズの客~


是非、ご来場ください。
[PR]
by neekanamin | 2006-09-06 23:15 | kanamer, kanamenet

やっとこさ

やっと、台本があがりまして、印刷も終わり、キャスティングも決まりました。



いやいや、どうなることか・・・



また私は年上の役です。




さてさて、どんなものが出来ますでしょうか・・・



乞う、ご期待っ!・・・? (←!!!)
[PR]
by neekanamin | 2006-08-31 22:51 | kanamer, kanamenet

アダナ

大概の人は、
私を「かなみさん」「カナ」「大石さん」「かなみん」「おかな」



と、呼びますが…




そう言えば、



研究生の時のあだ名で







「残虐」






というのがありました…




その人曰く、




「顔と性格が残虐だから」





だそうです。





このあだ名をつけた張本人は、、あるところに行っているそうですが、一体、今頃何をやっているのやら…




例のモノを返して欲しくば、連絡しなさい。
[PR]
by neekanamin | 2006-08-03 01:19 | kanamer, kanamenet
あの・・・


トリノ五輪からずっと思っていたことがあるんですけど・・・




それは・・・



私、



イナバウアーできるんじゃねぇ・・・?



て、ことなんです。


もちろん、リンクの上では無理です。
それは先に言っておきます。



でもね、


普通に地上であのポーズ(?)は



できるような気がするっ。





んで、




やってみました。





c0063772_21232060.jpg←かなみん



あたし、すごくない?!!!



これ、ホンモノですよ、合成とかじゃあ~りませんよ(笑)。
[PR]
by neekanamin | 2006-04-11 21:23 | kanamer, kanamenet

本年度

遅ればせながら


今年、私は劇団員に昇格しました


応援していただいている皆様、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いいたします。


そして、この変化を期に、改名することとなりました


ことしからは、「大石加那美」ではなく


  万里小路 楓   となります。


重ねて、よろしくお願いしますm(_ _)m
[PR]
by neekanamin | 2006-04-01 11:27 | kanamer, kanamenet

芝居か・・・

久々にいい芝居みました。

グワー!!ウワー!!号泣ー!!!


とか、そういう感動はありませんでしたが、最後まで気持ちが切れることなく引き込まれていったし、終演後も、ふと、いい芝居だったと感じるような満足感がありました。

c0063772_22475557.jpg


うちの劇団員の寺内よりえさんが出ているのですが、今までみて来たよりえさんではなく、新しいよりえさんえを見たような気がします。

五人の娘達の自由を求める気持ちには共感出来るし、宗教が全てだった時代の間違った価値観による悲劇、考えさせられます。


私としては五女を演じた女優さんのすごさに驚き、いやらしくない若々しさが前面に押し出されていて、私もどれだけ年をとっても、あのくらいは出来ないとな・・・と、女優の血が騒ぎました(笑)。
[PR]
by neekanamin | 2006-02-17 16:47 | kanamer, kanamenet

一致団結

もう、5年も一緒なわけですよ・・・

そうすると、こんなことで一致団結するわけですよ。


  どうですか?
[PR]
by neekanamin | 2006-02-07 21:26 | kanamer, kanamenet

世の人忘るな・・・


♪ 夜空にひとつ 光ともり 

  牧人たちの 道を照らす ☆ミ

  あの星を追って はるか遠く

  想うは 窓辺のともしび・・・



我が劇団昴 最期の『クリスマス・キャロル』を観てきました。

今年で最期ということもあってか、客席は満員。
一番空いている日にちの今日でも、補助席も満杯でした。

最初は観れないな・・と思っていたのですが、何とか補助席が空いて、観劇することができました。


実は私、この5次キャロルの2年目の時、稽古のみの音響を担当していました。
へたくそな音響でいっぱい失敗していたのにも拘らず、役者や演出の先輩方にはあたたかくしていただき本当に感謝しています。

芝居を観ている間にも、

「あっ、このきっかけでこの音が出るんだった。」

とか、懐かしさがこみ上げてきます。


私の一番好きなシーンは

第一幕のワルツのシーン

私の中で、ダンスを見るのではなく、ここはスクルージを見ているのがポイントなんです!!
心の奥底に隠していたベルへの思いが込みあげてくる・・・。

金尾さん、すごいです。
ここのシーンはかなりキます(;_;)



それと、前まではそんなこと思わなかったのですが、今年のキャロルで初めて感動したのは、

灯台守のシーン
安全を守る為にクリスマスを一人寂しく灯台で過ごす男が、遠く家族を思い歌うシーン。
時間にして、約3分位しかないんですよっ!!
そんなところで泣かされるとは思いませんでした。
仲野さん、やられました・・・。


今年のクリスマス・キャロルは絶対にみる価値アリです。
自分の劇団をあまり誉めることってないし、あまり好きでもないんですが(あ、誉めるのがってことです)、今年のはホッントに良いです!!!!!!!!!

チケットもう取れないかも知れないけど、おススメします。
観て下さい。
[PR]
by neekanamin | 2005-12-20 23:49 | kanamer, kanamenet