とりとめのない事を書いておりますが、お付き合いください。はじめて見る方も何かコメントを残していただけるとうれしいです。


by neekanamin
カレンダー

<   2006年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ジャストサイズ!

c0063772_20203280.jpg

写真だと分かりませんが、これは小瓶のスパークリングワインです。
私の様に酒は好きだが弱い、ワイン1本空けられないよ~、という人にうってつけの逸品です。すごーく飲みやすい!既に開いているのはご愛敬。
[PR]
by neekanamin | 2006-01-30 20:20

すりこみ


それは、私が小学校低学年の素直でまだ何も知らなかった時のお話です。


うちの父は料理ができて、よく朝ごはんは母と父が一緒に作っていました。
母が出かけている時は父がご飯を作ってくれていました。

得意料理はチャーハンとスープで、朝ごはんによく出てきたものです。

小学校の低学年というと、もう十数年以上も前のことですが、コレだけは忘れません。

その日、私は父の作ったフカヒレスープを飲んでおりました。
父の作ったスープは具だくさんで、とてもおいしいスープでした。
しかも、高級食材のフカヒレのスープです。フカヒレなんか食べたこともなかったのでとてもうれしくて、なんだかスープで心もあたたかくなるようでした。



さて、それからしばらくの月日が流れ・・・

私はまたそのスープを飲む機会がありました。

でも、私はその時に初めて知ってしまったのです・・・

あの時のスープが、


ワンタンスープだったことを・・・
[PR]
by neekanamin | 2006-01-27 22:26 | うまいもの広場
今日も見ました。

まんが日本昔ばなし

実はビデオに録ってまでみているのですが、

今日やった「さだ六とシロ」


なんだか、心にポッカリ穴が空くようなお話で・・・。


※「さだ六とシロ」のおはなし
 昔、さだ六という猟師がシロという猟犬と共に住んでおりました。さだ六はとても腕の良い猟師で、シロもまた賢い猟犬でした。その功績のため、さだ六は、自分の住んでいる領地の外で狩りをしても良いという将軍様のお墨付きの証文を持っていたので、どこまででも遠くまで狩りに行くことができました。
 ある日、狩りに出たさだ六とシロは夕暮れ近くなっても獲物が一匹もとれません。今日はダメだと帰ろうとすると、シロが何か狙っています。ふと見るとそこには大きな猪がいるではありませんか。少しづつ近づいていくと、大猪は気がついたのか逃げてしまいました。しかし、さだ六はこんないい獲物を逃がしてはなるものかと必死で追いかけます。いつの間にか隣の領地まできてやっと大猪を仕留めることに成功しました。しかし、その大猪には子供がいて、さだ六はその子供の猪もしとめてしまったのでした。
 さて、辺りはすっかり真っ暗なので、さだ六とシロは、今日は獲物をこのまま置いておいて、自分達は近くの洞穴で一晩過ごすことにしました。
 焚き木の炎をぼんやりと見ながら、さだ六は自分が撃ってしまった子供の猪のことが気になりなかなか眠りにつくことができませんでした。
 次の朝、大猪と子猪を引きずりながら、さだ六は自分の村に向かいました。そこに、隣村の役人が現れ、「この村では見かけない顔だが、その獲物はどうした、よその領地で狩りをするとはどういう了見だ。」さだ六は答えます、「はい、私は隣の領地のものですが、しかし、私にはこうしてどの領地でも狩りができる将軍様のお墨付きの証文を持っております。」と、証文を取り出そうと懐に手を入れました。しかし、あるはずの証文がありません。
 そう、さだ六は大きな獲物に夢中になり、証文を持ってくるのを忘れてしまったのです。何を言っても聞いてもらえす、隣の村の役人に捕らえられたさだ六は代官の裁きを受け、明日、処刑を言い渡されました。(領地からでただけで死刑というのも理不尽な話である)
 牢獄の中で処刑を待ちながら沈んでいるさだ六のところにシロが寄ってきました。最後の頼みとシロに証文を持ってくるように頼みます。頭の良いシロはそれを理解し、うちを目指して休みもせずに走りに走り証文を取りに行きました。
 処刑当日、刑場に連れて行かれ、役人が刀を振りかざします。さだ六は首切り役人に訴え、「シロという犬が証文を持って参ります、どうかそれまで待って下さい」と懇願しますが聞き入れてもらえません。ふと、さだ六はどこからともなく「いたいけな猪を・・・」と神の声が聞こえ、自分が仕留めてしまった親子の猪の姿が脳裏に浮かび、自分のしてしまった事を後悔します。「神様、許してくだせぇー!!」と叫ぶと、次の瞬間、刀が振り下ろされました。
 主人のために休みなく一晩中走り続け証文を咥えてシロが戻ってくると、そこにあるのは頭の無いさだ六の胴体だけでした。間に合わなかったのです。
 胴体だけのさだ六を引きずりながら、シロは今来た道を戻っていきます。しかし、峠に差し掛かったところでシロは力尽きたのでした。

  (;_;)~~~
[PR]
by neekanamin | 2006-01-25 22:11 | できごとにっき

遠い日のうた


人はただ 

    風の中を

        迷いながら歩き続ける



こんな哲学的な深い歌詞を、小学生のガキンチョの時に、歌っていたワケですよ・・・。
[PR]
by neekanamin | 2006-01-23 20:38 | 心のこえ

わんこについて

昔、実家で飼っていた柴犬(メス)が可愛かったのなんのって・・・。

親バカ(飼い主バカ)でもなんでもなく、

うちのこが一番。

と思っております。
しかし、残念ながら、7年前くらいに天国へ召されて逝きました・・・。
見るからにカワイイ奴でした。
私は、奴のおでこを噛むのが大好きでした。
怒って歯をむき出しにしたときに鼻の上がしわしわになるところが大スキでした。

そういえば、結構お利巧な犬で、お座りができる子でした。

私が上京してから死んだので、死に目には会えなかったのですが、きっと天国で楽しく暮らしていることでしょう。

犬はいいですね~、特に柴犬はたまりません。
最近、たまらなく可愛いと思う柴犬は、日曜日の19時にやっている、

DASH村の ホ・ク・ト

奴がチョロチョロと画面に出てくる度にメロメロになります。
DASH村のHPのホクトの写真は毎週要チェックです!


それとごく最近私の心をくすぐる犬は、毎朝バイト先に行く途中に出会うシェットランドシープドックで、あんまり毛並みの良い犬ではないんですけど、飼い主さんとお散歩しているときによくすれ違うのですが、その犬、毎日必ず何かを銜えています。

この前は、空き缶でした。
その前は、木の枝でした。

モノを銜えて歩く犬はカワイイということに初めて気がつきました。
[PR]
by neekanamin | 2006-01-22 22:21 | I LOVE IT
本日、

米牛輸入が中止されましたね!

へっへっへ、ざまぁみろっ!

食べたいか?食べたいか?!


な~んて。
私はべジタリアンなので、直接の被害はないから痛くも痒くもないんですけど、輸入禁止になったのって、今から2年くらい前らしいです。
なんか、もうそんなにたつのですねぇ・・・。

最初は焼肉屋さんがバタバタと経営不振でつぶれたりしていたみたいですけど、一番やばかったのは、やっぱり・・・


吉野家


ですよねぇ。

苦し紛れに豚丼とか作っちゃたりして。

でも、輸入再開してもしばらくは牛丼は限定販売になり、牛丼と豚丼両方販売する予定だったそうです。

まっ、中止になちゃったりしたから、きっと、まだまだ豚丼大活躍でしょうね。
[PR]
by neekanamin | 2006-01-20 21:41 | できごとにっき

むむっ

今日、バイトから帰って花小駅に着いたらば、

交番に、

おまわりさまが、

な、なんと7人!

だって、花小駅なんていう寂れた駅前の交番に、おまわりさまが7人もいるなんておかしいじゃありませんか?!

これは、なにかある、なんだかにおうねぇ・・・。


殺しかっ?! 物とりかっ?!
[PR]
by neekanamin | 2006-01-18 21:02 | できごとにっき

大変だったの・・・

なんだか、久しく更新してないような感に襲われますが、

お、お代官様っ!それにはワケがぁ・・・・


ワタクシ、先週より胃腸をこわして、ずっと寝ておりました

2年前くらいに一回なったことのある、胃腸にくる風邪らしくて、症状としては、嘔吐、お腹のゆるみ、発熱などなのですが、これがナメちゃぁいけない。

一週間前位から、なんだか吐き気がすると思っていて、薬を飲んでも効かずにおかしいなあとは思っていたのですが、それが予兆だったとは露知らず、飲み歩いていたワケですよ(笑)。

しかし、あまりの気持ち悪さに食あたりなのかと思って、バイトを休み病院に行ってみたらば・・・

風邪です。


不覚ですね・・・

でも、休んだら少し良くなったので、まあ、よしとしようか・・・・(←えっ?何がよし?)
[PR]
by neekanamin | 2006-01-17 20:33 | できごとにっき

恐ろしい現象

前に平台(舞台で底上げする時などに使う五寸高くらいの台)を担いで運んでいたときのこと。

手元がすべり、重い平台を自分の足の指先に落とし(イタ~イ!!)
爪の色が変色してしまいました。


それから、数ヶ月・・・・


その変色した爪がのびてきたので切ってみると、

ナ、ナント!!!

爪は二枚になっており、その間には、変色の原因となていた


血液の塊がボロボロと・・・・

キャーキャー!!
[PR]
by neekanamin | 2006-01-14 19:13 | 驚き・桃の木・山椒の木
c0063772_22352166.jpg

今日はバイト先の新年会でした。
気持ちよく酔っ払い、気が大きくなっているのでしょうか、甘いモノが食べたいという自分の欲望に正直に対処し、○ブン○レブンへ。

そして、目にしたのがコレです。

お味はといいますと、

かぼちゃの水羊羹

といったところでしょうか。


たいして、おいしいわけではなかったですね(- -;)。


しかし、コレにめげず、コンビニ・スィーツを制覇していきたいと思います。
[PR]
by neekanamin | 2006-01-13 22:35 | うまいもの広場