とりとめのない事を書いておりますが、お付き合いください。はじめて見る方も何かコメントを残していただけるとうれしいです。


by neekanamin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

物見遊山記~そのいち~

c0063772_23441461.jpg


イクラちゃんじゃ~

さて、何粒あるでしょうか?





コレは先輩がオーダーしたいくら丼。
おいしいけどこれだけのってると流石に食べきれないらしい…。



命をすり減らしながら完食してました。
[PR]
# by neekanamin | 2008-10-08 23:44

お~い北海道

無事に楽日までなんとか生き延びて公演を終了することが出来ました。

旅慣れた先輩方に比べてまだまだ未熟で、芝居も生活も学ぶところが沢山ありました。
まだまだ、朗読者もおシゲも耕助も発展させていけたらと思ってます。


WS参加のお姉様方、またコンカリーニョスタッフ・制作・カリットの皆さん、すてきな時間 を共有できた事、感謝します。

そして、北海道の温かい人々に出会えて嬉しく思います。


皆さん、ありがとうございましたぁぁぁ~!!
これからも、大石加那美を宜しくお願いします!!!
[PR]
# by neekanamin | 2008-10-06 16:10

芝居・最新告知!!

札幌公演の告知です。
夕張炭鉱の話を朗読劇にて行います!!
まだまだギリギリまでトップに置いときます(>_<)
【通常&稽古日記はこの記事の下からになります】

劇場が北海道の札幌市にあるんですが、
お近くにお住まいの方だけでなくっ、他県在住の方でもっっっ、
とうむぎ食べに行くついででもよしっ、サッポロラーメン食べに行くついででもよしっ、

どうぞ(ってか、どうか!!)
宜しくお願いしま~す
↓m(_ _)mm(_ _)m



『あなたの知らなかった夕張』

★会場・・・   生活支援型文化施設 コンカリーニョ (クリックすると地図がでます)
          札幌市西区八軒1条西1丁目ザ・タワープレイス 1F(JR琴似駅直結)
          TEL 011-615-4859


★日時・・・   
         プレビュー公演・・・  10月4日(土)   14:00

             本公演・・・  10月4日(土)    18:00
                         5日(日)    14:00 / 18:00 
                         (両日とも、開場は30分前)
 


★料金・・・    前売り ¥2000    /   当日 ¥2500
           (プレビュー公演 ¥800 前売りのみ コンカリーニョにて受付)


★チケット予約受付・・・  ☆詳細もコチラをクリック☆
              ※上から順番に入力しないと選択出来ませんので注意っ!!

      
[PR]
# by neekanamin | 2008-10-06 00:00 | kanamer, kanamenet

初日

おめでとうございます

ありがとうございます

やっと初日があけました!


「朗読劇」ということで、あまり期待していなかった方が多かった様です。


ただ読むだけだと思うなよっ!!


後半、客席からすすり泣く声が聞こえてきて

温かい拍手のカーテンコールを向かえることが出来ました。

アンケート回収率が今までに無いくらい高かったとの事で、その中でも、最も多かった意見が、初めて朗読劇というものを観たが、ひとつひとつの情景がはっきり見えてきてとても感動したと書いてありました。

明日も頑張るぜ!
[PR]
# by neekanamin | 2008-10-05 07:36

あと、少しじゃ…

まぁ、今回はワタクシ一人三役という事で、


朗読者1、おシゲ、耕助、という3つの役なんですが


一番危うかった耕助という炭坑夫の役も段々見えかけてきました。


演じ分けや切り替えが多いんですが、それだけでなく観る側にあったかい気持ちを持って帰って頂ける様イイ芝居にしたいと思います!
[PR]
# by neekanamin | 2008-09-30 01:27
いわずと知れた色男、福山雅治氏の『ガリレオ』が10月4日にロードショー開始ですが、
私の芝居(朗読劇)も同日に開演いたします。



何だか、実は私が結構喋りまして、一人三役こなしております。(実は皆そうなんだけども)


当時、炭坑の仕事は落盤やガス突出などで事故が多く常に死の危険にありましたが、その人々達の暮らしは、共同浴場、味噌や米を貸し合い、人のうちの子供もついでにお守りをしたりと隣近所が助け合いながら、生きていました。

どうして、こんなに貧乏だったんだろう・・・
今日明日食べるものの為に働く、
それでも、
「あんた、今日はうちで晩御飯食べていきなさいっ!!」・・そんな光景が普通にあった時代。


この作品では、主に炭坑での事故が取り上げられていますので、直接的にはあまり感じないかもしれませんが、そういう人々の暮らしの温かさと「生きること」の強さ

感じていただければと思います。
[PR]
# by neekanamin | 2008-09-28 00:54 | kanamer, kanamenet

汚いと言わないで



妊娠してる役の時は




大概、便秘します。
[PR]
# by neekanamin | 2008-09-26 17:21

“しあわせ”を探す女

それは、稽古場に向かって歩いている時の事。


今使っているとこは、途中に桜の街路樹があり、
その下には芝生やら雑草やら色々な植物が繁り、とても緑が濃いんです。

そして、シロツメクサがいっぱい繁殖していました。

いつもは何気なく通っていたんですが、シロツメクサがこんなにたくさんあったことに、ずっと気づかずに通り過ぎていたんです!!
こんなにたくさんのシロツメクサの葉の群生を見たのは久しぶりで、その感動と、昔の田舎の土手を思い出し、少し気持ちが高揚していたのでしょう・・・・。

ある衝動が、私の中から湧き上がってしまったんです。

そう、

アレ は、あるかな~? みたいな・・・・・・。

とてもとても、軽い衝動だったんですっ  マーガリンよりも風船よりも、かる~いノリです。
で、バカな奴は行動に移すんですが、  バカだから行動に移してしまったんですっ!!!!!
世間で言う、、「アラサーの女」が、覗き込むように
3枚づつの葉が1本の茎に生えているものの群れの中からそれを探していると

その時っっ、
後ろから犬をつれたお爺ちゃんが微笑みながら言いました、


「 よつば、 あったかい?」  
[PR]
# by neekanamin | 2008-09-14 23:37 | できごとにっき

れ・みぜらぶる



訛りたいところが訛らず






訛りたく無いところが訛ります。
[PR]
# by neekanamin | 2008-09-11 18:28

な、なんとっ!

この上にある告知記事の中に出てくる



「とうむぎ」




何のことか分からないと言われました。




\(゜∀゜)/キターッ!!





はい、方言だったんですねー。



「とうもろこし」の事をうちの実家の方ではそう言います。




他では言わないんですね…(-_-;他の都道府県ではなんというのでしょうか~。




「イカ人参」に続き、また新たな発見でした。
[PR]
# by neekanamin | 2008-09-09 21:12